脇汗

塗るだけで脇汗を防止できる!お手軽な脇汗対策・オドレミンとは

「緊張すると脇に汗がびっしょりと…。他の人から見ても、わきの下にシミができてしまって恥ずかしい思いをしたことが何度もあります」とか、「汗をかきやすい体質なのですが、とりわけ脇の下にはすごく汗をかいてしまいます」といったように、脇汗に対するお悩みをお持ちの方は多いようです。脇に汗をかきやすいと、着ている服に汗シミを作ってしまい、黄ばんでしまうこともしばしば。そこで、脇汗を出来る限り抑えることが出来る薬として注目されているのがオドレミンです。

そもそもオドレミンはワキガ治療のために、皮膚科などで処方される薬品です。しかし、これがワキガ以外にも、脇汗を含む多汗症にも効果があるとされており、脇汗に悩む方の中には非常に効果があるとして、人気を集めているのです。オドレミンは毎日数滴を脇の下に塗りこむだけで、徐々に脇汗をかかなくなるという効果が現れてきます。やがて、脇汗をかかなくなり、脇汗に対する悩みも解消したという声もたくさん寄せられているのです。

ただし、オドレミンはすぐに効果が現れるというものではありません。決められた使用法と量を守り、それを脇の下に塗るだけで、翌日、若干の効果を感じるかと思います。ただし、少しでも効果が現れれば、翌日は使用を控えるなど、あまり過剰に使う過ぎることは望ましくありません。そもそも、オドレミンには塩化アルミニウムという成分が含まれているのですが、これを長期的に使用することで、体がその薬に慣れてしまい効果が薄くなってしまうのです。正しい使い方を守り、あまり毎日何度も使うことがないようにすれば、安定して脇汗を抑える効果を発揮してくれるのです。もし脇汗でお悩みなら、オドレミンを試してみてはいかがでしょうか。脇の下に数滴塗りこむだけなので、手間もかからず、簡単に脇汗を抑えることが出来るのでおすすめの方法です。

女性の大敵!脇汗はデメリットばかりなのです

脇汗は特に女性の方には天敵です。せっかくおしゃれな服を着ていても、脇の下が脇汗でびっしょりになって、他の人が見ても明らかなシミが見えてしまっては台無しになってしまいます。実際、「女性は脇汗をかかない」と思っている男性も多く、また脇汗をかいているだけで男性が敬遠してしまうこともあるのです。脇汗は女性としての身だしなみの上では非常に大切なポイントなのです。

脇汗は百害あって一利なしといえます。例えば、脇汗はアポクリン汗腺と呼ばれる汗腺から排出されるものですが、これには尿酸やアンモニアなどを含んでいるため、空気中の細菌などと触れ合うことによって、臭いを発してしまうのです。また、汗といえば一見すれば無色透明に見えるのですが、脇汗の中でもアポクリン汗腺から出る汗は、黄ばみを作る成分を含んでいます。そのため、服に付着すると、黄ばみを作ってしまうのです。そのため、せっかくのお気に入りの服も、脇汗で黄ばみが出来てしまうことも…。また、脇汗のシミが目立たないような色合いの服を選ぶとなると、かなりおしゃれも限られてしまいます。

そこで、脇汗を防止する方法を試してみてはいかがでしょうか。例えば、脇汗を吸収するパッドを活用するとか、汗をかいたらマメに制汗剤を使うといった方法を使えば、即座に効果のある脇汗対策となります。また、脇汗はストレスが原因で起こりやすいものであるため、日頃からアロマテラピーを利用してリラクゼーションを図るなど、出来るだけストレスを発散することも大切です。このように脇汗は防止できるので、女性の身だしなみとして、そしておしゃれを楽しむ意味でも、ぜひ実践してみましょう。

脇汗治療最前線!これなら脇汗も一気に撃退だ

お気に入りの洋服にシミがついたり、嫌な臭いを発するなど、脇汗でお悩みの方は多いかと思います。汗をかきたくない…そんなプレッシャーが余計に脇汗を助長してしまうこともしばしば。脇汗でお悩みの場合、実は病院での治療で改善するケースも多いのです。

まず、脇汗を発症する原因として考えられるのが、精神的な緊張や不安といったストレスにあります。こういった精神面のケアは自宅でもリラクゼーションなどによって改善するケースもあるのですが、精神科や心療内科などでカウンセリングを行うことで、精神的な不安が和らぎ前向きな発想に転換することで、脇汗が改善する可能性も高いのです。しかし、カウンセリングだけで改善しない場合は、精神安定剤や抗うつ薬などを処方することによって、脇汗改善へ向けての治療を行っていく場合もあります。

また、最近では非常に手軽に脇汗治療が出来るとして人気を集めているのが、ボトックス注射です。脇の下に直接ボトックスを注射する治療ですが、事前に麻酔注射をするなどで、注射時の痛みを緩和できるので、安心して治療を行うことが出来ます。ただし、その効果は半年から1年であるために、定期的に治療を行う必要があります。しかし、長期的な改善につなげたいとか、または重度の脇汗で改善が見込めない場合は外科的な手術を行うこともあります。例えば、交感神経を切除する交感神経切除手術では全身麻酔によって、胸や腰をわずかに切開することで交感神経を切除することで、脇汗を改善していきます。また、脇の下にあるアポクリン汗腺や皮脂腺を、切開によって切除するという手法もあります。さらに最近では超音波やレーザーを利用して、脇汗を改善する治療法もあります。

脇汗の治療には精神面の改善から、外科的な手術まで様々です。長期的に治したいか、それともストレスなど精神的要因に心当たりがあるか、また脇汗の症状は重症かどうかなど、自分自身の要望や症状の度合いによって、治療法を医師と一緒に考えていくといいでしょう。

これは必見!脇汗治療にボトックスが効果あり

脇汗をかきやすいというのは、多汗症の症状の一つでもあります。日常生活を送る上でも、「すぐに汗をかくことで、シミが服についてしまうのがイヤだ」という方も多いのではないでしょうか。特に脇汗は、女性にとってはファッションの大敵になってしまいます。脇汗は服にシミがつくことから分かってしまうために、男女を問わず、やはり抵抗があるものだといえるでしょう。

そこで、多汗症の中でも脇汗を治療する一つの方法としてボトックスが注目を集めています。そもそも汗は神経から汗腺への向けてアセチルコリンと呼ばれる物質が放出されることによって、汗腺から汗が出てくるのです。発汗するシチュエーションは様々だと思います。例えば、運動したとき、辛いものを食べたとき、緊張したときなどが挙げられますが、いずれにしても発汗の仕組みには大きな違いはありません。そこでボトックスという治療では発汗の原因となるアセチルコリンの放出を抑える効果を生み出すことで、脇汗を含む多汗症の治療に非常に効果があるとされているのです。

ボトックスは何も大変な手術を行うわけではありません。まず麻酔注射を行った上で、ボトックス注射を行うため、まったく痛みがありません。所要時間も最初の麻酔が効果を発揮するまでの時間を含めても1時間以内で終了します。入院する必要もないため、非常に簡単に脇汗対策の治療を行うことが出来ます。また、その持続期間は人それぞれですが半年から1年とされています。本来、脇汗は「脇汗が相手にばれたらどうしよう」とか「脇汗でシミを作りたくない」という強迫観念から起こる可能性もあるものです。そのため、ボトックスによってその心配がなくなり、安心して日々を過ごすことができ、自分自身に「脇汗をかかない」という自信を取り戻すことが出来れば、ボトックスの効果がなくなっても、そのまま脇汗をかかない体質に変わることもあるのです。脇汗が精神性発汗によるものであれば、ボトックスは生涯にわたって効果を発揮することもあり、また体質によるものであっても、長ければ1年程度の効果が期待できる治療法です。

緊張するとびっしょり・・・そんな脇汗の対策とは?

緊張を強いられる場面というのは、日常生活を過ごす上で、何度となく遭遇するものです。そんな緊張する場面で、気がついたら汗でびっしょり…という経験をしたことのある方は多いのではないでしょうか。手や足、額、背中はもちろんのこと、脇にも汗がびっしょりで、シャツにはっきりと脇汗のしみができて恥ずかしい思いをしたという経験がある方も少なくはないのではないでしょうか。

このように緊張による脇汗は、精神性の発汗だということが出来ます。例えば、人前で話さなくてはならないプレゼンテーションを控えている場合など、緊張を強いられる場面になると、脇から汗がびっしょり出て、外から見てもはっきり分かるほどのシミになっているケースもあるのです。ところが、そんな脇汗に気がついて、「汗が出ないようにしなくちゃ」と考えれば考えるほど、逆に発汗作用が高まり、余計に脇汗が目立つということもあります。つまり、緊張が原因となる脇汗は、本来生まれもった、例えば上がり性だったり、心配性だったりといった性格に影響する面が非常に大きいのです。

では、緊張に伴う脇汗を改善するためにはどうしたらいいかということになりますが、生まれ持った性格を改善するのは大変難しいことで、もし上がり性が原因であれば、精神科や心療内科での治療も必要となってくるでしょう。しかし、その前に「脇汗が出ていることを相手に知られるのが怖い」とか、「脇汗のシミを見られるのがイヤだ」という場合は、脇汗が目立たないような色のシャツを着用したり、脇汗を吸収してくれるようなアイテムを利用するなどによって、相手にばれるのではという恐怖心を取り除くことで改善することも多いのです。

絶対に作りたくない!脇汗で出来るしみの防止方法

せっかくおしゃれをしていても、どうしても気になってしまうのが脇汗です。脇汗は夏の暑い時期だけでなく、運動したとき、さらには緊張したときなどにも現れます。例えば、薄い色のシャツを着ているときに脇汗をかいてしまうと、シミとなって、他の人から見ても目立ってしまいます。これではせっかくのおしゃれも台無しになってしまいますし、脇汗が目立たないような服となると、かなり限定されてしまいます。

また、脇汗をかいてしまった場合、例えば白地の服を着ていると、それがシミとなって目立ってしまいます。1度だけならまだしも、何度となく脇汗のシミがついてしまうと、やがて黄ばみとなってしまうのです。これはアポクリン汗腺と呼ばれる汗腺から出る脇汗が原因の一つとされています。この汗腺からの汗は尿素やアンモニアなども含んでいるため、嫌な臭いを放つという特徴もあります。さらに、体温維持のための汗とは異なり、このアポクリン汗腺から出る汗は、一見透明に見えて、実はリポフスチンと呼ばれる色素も含んでいるために、これがシャツなどに付着すると、黄ばみができてしまうのです。

そこで、黄ばみを防止するためには、例えば、脇汗を吸収するためのパッドを利用することも方法のひとつといえます。最近では臭いも吸収してくれるタイプやノースリーブでも使えるタイプのものも販売されているので、大変便利になりました。また、もし脇汗のためにシャツに黄ばみが出来てしまった場合は、漂白剤と重曹を混ぜたシミ抜き剤を作り、それを黄ばみの部分につけ、湯気を当て、すすいだ後に選択をすることで取ることもできます。脇汗による黄ばみはおしゃれの大敵でもありますが、万が一、脇汗用のパッドなどを利用しても黄ばみが出来てしまったとしても、取り除く方法があるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

脇汗はイヤだ!脇汗を目立たなくするインナーを紹介

脇汗でお悩みの方は非常に多いのではないでしょうか。そもそも脇汗は、暑い夏場や運動の後などにかくことももちろん多いのですが、その他の要因とはて緊張や不安などといったストレスも挙げられます。よく「手に汗を握る」と言われますが、緊張や興奮状態になると、手足やわきの下から発汗が見られます。このように、脇汗は何も運動したからとか、暑いからという理由だけじゃなく、精神的な要因も大きいのです。

そこで、脇汗でお悩みの方にオススメするのは、脇汗を吸収してくれるインナーを身に付けることです。脇汗は服にシミを作ってしまい、外から見ても「あっ、脇汗をかいてる」とはっきり分かってしまうものです。白や黒と言った服であれば脇汗はあまり目立たないのですが、薄い色合いの服であれば、脇汗が外から見てもはっきりと分かってしまうのです。そのため、脇汗でお悩みの方は着ることができる服に制限が出来てしまいます。しかし、脇汗パッドがついたインナーをつけることで、脇汗でお悩みであっても、どんな服でも着ることができるのです。

脇汗パッドがついているインナーは、それを着るだけで脇汗対策につながります。市販で使い捨て用の脇汗パッドが販売されていますが、毎日のことになると、やはり使い捨てではもったいないと感じる場合もあります。また、このような脇汗パッドはちょっと動いただけでずれてしまうと言うこともあります。しかし、脇汗パッドがついているインナーはずれる心配もないので、非常に便利です。現在、様々なメーカーから販売されているので、脇汗でお悩みであれば、ぜひ脇汗インナーを試してみてはいかがでしょうか。

脇汗は治るのです!最新の脇汗手術の方法とは?

緊張や不安にさいなまれたときに出てくる脇汗。それは、今着ているシャツにもシミがつき、他人からも脇汗をかいていると分かるほどに目立っている…これって非常に恥ずかしいことだと思います。しかも、せっかくおしゃれに気を配っているのに、脇汗に気づかれただけで、すべてが台無しに思えてしまうほどでしょう。

そこで、脇汗でお悩みの方の中には手術でそれを治そうと考えている方も、実は少なくないのです。そもそも脇汗の原因は脇の下にあるアポクリン腺と呼ばれる汗腺にあるとされているます。通常、運動や暑いために出てくる体温調整のための汗はエクリン腺と呼ばれる汗腺から分泌されます。しかし、それ以外の場合は、アポクリン腺から分泌されます。この場合、尿素やアンモニアなどを含んでいるために、一見すれば無色透明なのですが、じつは臭いの元になる物質も含んでいるのです。

脇汗でお悩みの方は、汗自体をかくこともそうですが、その臭いにも悩まされている方が非常に多いのです。そこで、脇汗を改善する治療法の一つとして、アポクリン腺を取り除く手術を行う場合もあるのです。脇汗の原因となる汗腺を取り除くことで、脇汗そのもののデメリットをすべて排除しようというのが狙いの手術なのですが、これが脇汗の改善には非常に大きな力を与えてくれるのです。この手術により、脇汗をかかなくなったという喜びの声を多く耳にするとともに、副作用などを感じないケースも多いのです。成功率もほぼ100%ときわめて高いため、脇汗に悩む方にはオススメの手術であり、治療法であるということが出来ます。

デメリットばかり脇汗・・・黄ばみにも注意が必要

脇汗でお悩みの方は多いといわれています。では、なぜ脇汗で悩んでいるか…そう尋ねてみると、やはり一番多いのが脇汗のシミなのです。脇汗で濡れることによって、シャツに「脇汗をかいてますよ」と言わんがばかりに現れるシミ。特に、何度も脇汗をしみこませてきたのだと分かるような黄ばみが見えることがあります。脇汗は黄ばみをも生み出すことがあり、これは第三者から見てもはっきりと分かるほどのものなのです。

そもそも脇汗はただの水分だと思っていた大間違いです。脇汗によって出来る黄ばみの成分はアポクリン汗腺と呼ばれる脇の下にある汗腺から出る汗に含まれる成分で、見た目には無色透明なのですが、それが衣服と接触したり、雑菌が繁殖することによって、臭いを発したり、また黄色いシミをも作り出してしまうのです。これはアポクリン腺に含まれる「リポフスチン」という色素に由来しているのです。この成分が黄ばみを生み出すわけですが、臭いをより多く発するほどに、黄ばみはより激しくなるという性質を持っています。つまり脇汗による黄ばみの度合いは、脇汗の臭いに比例しているといえるのです。

このように脇汗に伴う黄ばみは、あなた自身が汗をかきやすい体質であるかどうか、そしてストレスや緊張などによって汗をかきやすい…つまり精神的な発汗によるものなのかによっても分かれます。いずれにしても、脇汗に関する黄ばみを解消するためには、病院での治療や食生活の改善などにより、脇汗そのものを減少させるライフスタイルに取り組むことも治療法のひとつといえます。もちろん、すぐに効果を期待したい場合は制汗剤や脇汗パッドを使うことも必要になってくるでしょう。いずれにしても脇汗による黄ばみを改善するためには、自分自身がなぜ脇汗をかきやすいかを知るとともに、原因を絶つことが重要だといえるのです。

シミだけでなく臭いまで・・・脇汗の臭いの特徴って?

脇汗というのはどうしても気になってしまうものです。特に女性にとっては、暑く薄着になることが多い夏場は特にそうですが、脇汗が服につき、シミになっていないかどうか、そして妙な臭いを発していないかどうか…そういったことが非常に気になります。脇汗を出来る限り抑えたい…そう考えていても、実際のところ、暑さはもちろんのこと、緊張を感じた場合などにも脇汗をかきやすくなります。これは誰にでもあることなので、後はいかに脇汗を抑えるか、脇汗が出てもいかに周りに気がつかないようにしていられるかが大きなポイントとなってくるのです。

そもそも脇汗には2つの種類があるとされています。それはアポクリン汗腺と呼ばれる汗腺から出る汗と、エクリン汗腺と呼ばれる汗腺から出る汗です。エクリン汗腺からの汗は体温調整などの役目を果たしており、一般的にはまったく臭いを発することはありません。しかし、アポクリン汗腺から発する汗は脂肪やアンモニア、尿素など様々な成分を含んでいるために、すっぱさを感じる独特な臭いを発してしまうのです。

ところが、今すぐ脇汗を止めることは難しいのです。しかし、脇汗の臭いを改善する方法であればいくつかあります。例えば、食生活を改善し、バランスの取れた食事を心がけることも一つの方法でしょう。また、日頃から運動不足だと思っている方なら、気持ちの良い汗をかくこともポイントです。運動により汗をしっかりかくことで、ストレスの発散にもつながりますが、運動による汗はさらさらしていて雑菌が少ないため、嫌な臭いを発しにくいのです。

その他にも、マメに水分を補給することでさらさらな汗をかくことを促したり、さらには物理的な方法として脇汗用のパッドを衣服につけることで、排出された汗を吸収するとともに、嫌な臭いも抑えてくれる効果が期待できます。このように、脇汗の臭いは気になるものですが、日頃の職栄勝つなどの生活習慣やパッドなどを利用することで、かなり軽減することが出来るのです。